第六回介護にかかわる人のための演劇ワークショップお知らせ

介護をテーマにした演劇ワークショップです!
介護の本質やその楽しさを体験できます!以下、詳細です。

========================
第6回 介護にかかわる人のための演劇ワークショップ
2019年11月30日(土) 13:00〜17:00
京王線下高井戸駅 徒歩五分 松沢区民集会所 和室
東京都世田谷区赤堤5-31-5 ​

演劇の手法をもとに、介護の本質を体験できるワークを行います。
気づきから毎日の介護がかわります。​

対象者:過去に介護をしたことがある方​
    現在介護にかかわっている方​
 介護に興味・関心がある方 ​

参加費:1000円(会場費・資料代) ​
募集人数:10名(先着順となります)
参加申し込みメールアドレスinfo@tsuchidayu.com​
(お名前、ご連絡先をお願いします)​
参加申し込み締め切り日 11月20日​

ワークショップレポートです!

2018年9月1日。介護にかかわる人のための演劇ワークショップのプレ回を行った日です。なんとこのプロジェクト、一周年を迎えました。ほぼ2か月に一回のペースで開催して、今回で第五回目です。参加者の皆さん、応援してくださる方々、ありがとうございます。

さて、今回のワークショップは進行役の一人、田澤恭平君のメイン回です。いつも田澤君コーナーとして一時間位を担当してもらっていますが今回はオール田澤!いつもよりも演劇要素多めでお送りします。

まず最初は挨拶から土田担当のウォーミングアップで身体をほぐしました。ストレッチで伸びをしてから、右手左手、右足左足、全身、をゆすります。一回目が終わったら、数を一つずつ増やしていきます。5で終わりにしましたが、少し息が上がってしまう位でしたね。

さっそく田澤君にバトンタッチ!まずは座って一言回し。輪になって、最近行った駅、最近食べたもの、を言っていきます。続いて拍手回し。拍手を順に回す→ランダムに飛ばしていきます。アイコンタクトが重要ですね。途中で立ち上がり、ニョッキへ。1ニョッキ、2ニョッキ、、と、かぶらないように数字をカウントしていきます。もし失敗しても、それはチャレンジですから皆で「ニョッキッキ!」とハイタッチしていきましょう。一度もかぶらず全員終わった時の達成感!テンポを速めての上級編もあっというまにクリアでしたね。

名前を使ったゲーム、「ネーム回し」。見えないボールを相手の名前を呼びながら投げます。受ける方はハイ、とキャッチしてまた他の人へ。ボールの数が増えていきますので、アイコンタクト&視界を広くする難しさがありましたが、ここでぐっと盛り上がった気がしました。

続いてはウォーキング。目をつぶって、部屋にあるものを指さし。スピードは1から5までの5段階。各自のイメージから、全体でスピードを合わせる、をやりました。歩きながらのアイコンタクト、挨拶やハイタッチもやりましたね。そうそう、ペーパーズというゲームも。参加者さん一人ずつ、大きなフセンに身体の部位を書いてもらいます。それを会場じゅうの好きなところに貼ってもらい、スタートの合図とともにその書いてある部位でタッチしていきます。全部タッチし終わった人から終了、というルール。これは色々発展させられそうですね。

そうだ、挨拶の中で膝と膝でタッチするというのもやりました。これも定番ですが思わぬポーズが飛び出して盛り上がりますね。

少し休憩をはさんで、イ他己(イタコ)紹介へ。ペアになり、5分ずつお互いの話を聞きあい、それをもとに、相手の人になりきって自己紹介を行います。他己紹介は「○○さんは、、、」とペアの相手のことを全体に向けて紹介しますね。今回は「イタコ紹介」ですので、ペアのことを紹介するのは同じですが、「私は、、、」と相手の人になりきって話します。なので内容だけではなくて、相手のみぶりや話し方を再現しながら話します。全体へのプレゼンは30秒、その後2分間の質問タイム。質問ではインタビューで聞けなかった内容も質問されますので、そこは思いつきでとっさに答えます。今思いついたなんて思わせないように自然に答えないといけません。これはもう即興劇。「犬猫のどっちが好き?」なんてライトな質問から、「パートナーはどんな人?」など想像力を膨らませないと答えられない質問まで。しかも演じる相手は客席側で見ているというプレッシャーがありますしね。

一息を入れてから四角歩き。部屋の中央を四角くラインどりし、その上を会話しながら歩きます。ただその時、先ほどのイタコ紹介で演じた他人のままで、、という条件つき。中々歯ごたえのあるワークでしたね。その二人は、10年前に夜間学校で一緒だったという設定。今日は同窓会があり、その帰り道です。うーん、頭がパンクしそう。

さらにルールで、四角のラインを三週歩きます。一週目は雑談。二週目は紙に書いた様々なお題を実行。三週目は「実は、、、」とセリフを言う、というさらなる課題が待っています。これを書いているだけでも大変そうですが、皆さん上手にクリアしていましたね。これはペアを変えてもう一回行いました。様々なドラマが生まれて笑いが止まらない場になりました。

最後に全体の振り返りをして終了。初参加、演劇初体験の方からも好意的な感想をいただきほっとしました。

今回の行ったワークは、いわゆる「演劇ワークショップ」で行われるワークオンリーでした。とても盛り上がり、演劇ワークショップのすごさ、面白さを改めて感じた回となりましたね。今回は特別編ということで、参加者の皆さんも楽しんでいただけたようで何より。これをきっかけに、あまり知らない方も演劇ワークショップや、演劇そのものに興味をもっていただければ嬉しいです。

ご参加いただいた皆様、気にかけて下さった方、ありがとうございました。今後とも精進してまいります。また次回開催についてはお知らせさせていただきますのでまたぜひ、ご参加ください。お待ちしております。

9月のワークショップのお知らせ

直前になりましたが、9月のワークショップお知らせです。

第5回 介護にかかわる人のための演劇ワークショップ
2019年9月15日(日) 13:00〜17:00
京王線下高井戸駅 徒歩五分 松沢区民集会所 和室
東京都世田谷区赤堤5-31-5 ​

演劇の手法をもとに、介護の本質を体験できるワークを行います。
気づきから毎日の介護がかわります。​

対象者:過去に介護をしたことがある方​
    現在介護にかかわっている方​
介護に興味・関心がある方 ​

参加費:1000円(会場費・資料代) ​
参加申し込みメールアドレスinfo@tsuchidayu.com​
(お名前、ご連絡先をお願いします)​
参加申し込み締め切り日 9月14日

第四回ワークショップのレポート

7月も終盤になって暑くなってきましたね。こんにちは、土田です。実は私、7年間勤めていた職場を退職することになりました。介護職は続けていく予定ですが、何だか人生の転換期。もちろん、このワークショップは続けていきますよ。

、、というわけで、7月に第四回 介護にかかわる人のための演劇ワークショップを開催しました。少し時間がたってしまいましたが、以下、レポートです。今回は初めて体育室を使いましたが解放感があってよかったですね。

最初はウォーミングアップ。椅子に座ったままできるストレッチをやりました。実は私、ケーブルテレビでやっている介護予防の番組に、はまっていまして。その番組のストレッチから今回厳選して組み立てています。椅子に座ったままできて肩甲骨や股関節にもアプローチできるというのがポイントで、介護現場でも使えそうなものばかりです。次回以降もやっていこうと思いますので興味がある人はぜひご参加下さい。

脇を伸ばしたり
股関節にもアプローチします

次に、30秒タイムアタックというゲーム。目をつむって、30秒ぴったりを当てるというゲームです。一番近い人が優勝となります。最初は普通にやって、次は30秒超えたら失格というルールを付け加えました。早めに手を挙げても、他の人が失格したら勝てるわけですね、ちょっと駆け引き要素が生まれました。最後は目を開けたままでやってみる。お互いの様子見の場面、ちょっとハラハラしましたね~。30秒の感覚をつかめたところで、自己紹介回し。お題は「最近はまっていること」を「30秒」以内に話します。短い?でも大丈夫、これは二週します。二回目が来るので話したりなかったら続きを話してもいいし、別の話をしてもいいのです。色んな趣味や好みが聞けてちょっとワクワクしましたね。朗読だったり、ワインのおススメだったり、自分の気持ちのことだったり。ちなみに私は「山ちゃんと蒼井優さんの結婚記者会見の動画を見ること」を話しました。そういえばレポート冒頭にあげた体操番組も「最近はまっていること」でした。

次にYESNOゲーム。お題の質問に、一方をYES、反対をNOとして、一列に並んでもらいます。「お酒は好き?」「運動は得意?」などどんな人かを知る質問から始め、「介護を経験したことがある」「認知症の人と話したことがある」など、介護にかかわる質問もありました。続いて、「これって介護?」と題して、介護のシチュエーションについて、それが介護だと思えばYES、違うと思ったらNOに並んでもらいます。例えば、「高齢の母親のオムツをかえる」、「お風呂に入る手伝いをする」。これら身体介助は介護と分かりやすいですよね?では、「歩くのを見守るだけ」だったり、「トイレの時間の声掛けをすること」は、介護なのか?どうなのか?また、相手が高齢だと介護だけど、同じことを幼児にするとそれは、介護?、育児?などなど、介護という言葉から生まれるイメージの、その境目を考えてみました。このワークのあとは、輪になって自分にとっての介護とは、を感想含め話してもらいました。これも30秒で二回回しです。色々な意見を聞くことができましたね。

次は、久しぶりの「見守る。」まずはウォーキングからスタートです。最初にスピードをそろえて歩きます。合図したら、徐々に早歩き。次は、合図したら徐々にゆっくり歩き。最後は、早くかゆっくりか、好きな方を選んでいただきます。同じ空間に、早歩きの人とゆっくり歩きの人が同時に存在する空間。パフォーマンスのようで私は見ているだけで楽しかったです。

目をつむったペアを誘導します

今度は参加者同士のコミュニケーションへ。最初はアイコンタクト→ウインク。次は挨拶しながら握手。そして握手しながら空いてる片手で別の人に握手するを繰り返していくワークへ。これは久しぶりにやったんですが、やはり盛り上がりますね。単純なんだけど自然に体がほぐれて参加者同士の壁が一個剥がれる感じがします。

いよいよ本題の「見守る」へ。まずはブラインドウォーク。ペアになり、ジャンケンをして先攻後攻を決めます。先攻の人は目をつむり手のひらを下にして腕を伸ばします。ペアの相手は人差し指を手のひらにあて、ゆっくり歩いて誘導していきます。まずはまっくらな世界を体験してもらいます。交互に暗闇の中を歩くことを経験したら、いよいよ本題。今回は誘導しません。どこにも触らない状態で、目をつむった人は自由に遊んでみます。危なくなったらペアの相手は手を腕や肩にふれて止める、というワーク。今回は声には出さずに触れて止めるというルールでした。これを交互にやったあと、相手が大きな風船に入ったイメージで、その風船のどこかに手をふれて見守る、というのをやりました。ペアで振り返ってもらい、全体にシェア。見守るって、介護だけじゃない、というものや、声を使ったらまた変わったんじゃないか、という感想もありましたね。色々試してみましょう。そうそう、途中で目をつむるのが怖いので、、、と見学を申し出てくれた方がいて良かった。気楽に今回のワークは見学します!と、抵抗感や疲れを感じた時にワークからすっと離れることができるといいですよね。最初のアナウンスでお伝えするのですが、そういう言い出しやすい空気を理想としているので、実現できてちょっとうれしかったです。次回以降の参加者さんも見学したい!といっていただいてOKですよ。

これも誘導中の場面
目をつむって遊んでもらって見守ります

休憩を入れたあとはお待ちかねの田澤君コーナー。

私からのリクエストで、「これはなんですか」をやってもらいました。以前の回で一回やってもらったことがあるのですが何か感じるものがあったんですね。前回は時間押してて巻きでやってもらったのもあって、今回は時間もたくさん使えるスケジュールで組んでみました。まずはおなじみ、「ねえねえ」。一人が「ねえねえ」全員「なーにー?」一人「○○しようよ」全員「いいねえ」で、皆でその○○を表現します。どんどん発想を柔らかくしていきましょう。皆で飲み会をしたり、ごろごろしたりしました。今回は割とインドア系だったかな。

組体操はやりました!

つづいて、「これはなんですか」です。まずは部屋中に参加者さんお持ちの小物を並べます。ペンケース、アイブロウ、雨合羽などが床に散らばった状態になります。次にペアになって、片方が好きなものを指さします。「これは何ですか」相手は「これは、○○です」と答えます、指さした人は「これは○○なんですね」と返事する。ルールはこれだけです。単純なんだけど、奥深い。ペアを交代してやってみます。「これは○○なんですね」、の返事の時に感情こめて返事してみましょう、という指示があり、やってみると相手も乗ってくるのが分かりました。それに自分も、あげて返してもらえるのうれしい。これって日常のコミュニケーションでもそうですよね。まるで子どものように部屋中のものを聞いてしまいました。お題はレベルアップし、○○です、に形容詞をつけます。「○○な□□です。」やってみると分かりますが、形容詞をつけるのも色んな選択肢があるなあと実感しました。ペンケースを見て「青い」か、「四角い」か、「素敵な」か、、、。同じものでも色々な切り取り方があるものですね。さらにバージョンアップ。見たままではなく、別の何かとして答えます。普通のボールペンを指さして「おおきな、くじらです」と答えたりしました。これも発想が豊かになる瞬間。これも、相手に「へえ~、○○なんですね!」とリアクション多めに受け入れてもらえるので、何だか楽しくなってきます。

なんだか私、楽しそう、、、
リアクションが豊かで笑いをとっていたペア
会場の中のものすべて対象です

ここでちょっと考察。「内臓とこころ」という本より、指さしや名づけというのは人間の本質的な体験だ、という話がのっていました。以下、引用、、ルートヴィヒ・クラーゲスという、ドイツの哲学者は、幼児が「アー」と声を出しながら、遠くのものを指さす、この動作こそ人間と動物を区別する、最初の標識だといってます。、、、

さらに、その本では一歳半あたりからこれはナーニ?とひたすら聞き続ける時の幼児の内面を考察しています。つまり、舐め回したり触りまわしたりした感覚の記憶で対応できない目の前のモノ。それを実感するためにこれはナーニ?これは○○だよ、と聴覚で聞いて、音の響きを何度も聞いてそのモノの存在を実感するのだ、というのです。「指をさして、声に出す。」「その名前を名付けて音の響きを味わう。」なんてまんまこのワークのことじゃないですか。そうか、「これはなんですか」は幼児の頃のものを初めて認識した頃の体験を再体験してるともいえますね。

最後の方は、一言で終わるのが惜しくなってました。思い付きで答えた「○○な□□」について、もっと聞いてみたい、話してみたいという想いが生まれました。この後、会話を続けてみたら面白いんじゃないかなあ。演劇的な要素がいっぱいつまってますね。ワークの30秒振り返りも行って、これも有意義な時間でした。

さて、最後のワークに移る前に、「だゆうの認知症講座」です。今回は認知症の定義をさらっと話して、お役立ち情報をふたつほどお伝えしてみました。認知症の定義から、生活とは何かという話へ。そして本日の最後のワーク、「生活の台本」です。まず皆さんに生活行為について思いつくものをあげてもらいました、そして、その中から多数決で台本化するものを決定しました。今回のお題は、、「挨拶をする」!これは私からは決してでなかったであろうお題でした。挨拶をしようと思うところから始まり、最後の挨拶をし終わるところまでを分解して書いてもらいます。それをペア同士で皆の前で読み、相手はその分解した行為を身体で演じます。挨拶、というお題から、挨拶するときの目線、口の開きを分解してみたり、義理の親の家にお盆の挨拶にいく、のを分解してみたりと色々な場面が出てきました。職場だったり、ご近所さんだったり、挨拶って生活に密着してるんだなあと実感しました。それに人によってする場面や想定する場面がバラバラ!挨拶って、生活のどこかに混じりあっていて、多様性が現れる行為なのかもしれませんね。

「挨拶」を、分解して書いてもらっているところ。

最後は「振り返り」今回は、30秒感想回しというスタイルで行ってみました。一人30秒で感想を言う、を二周します。他の方の感想を聞いての二回目は新たな発見があるし、30秒でぎゅっとまとまってて聞きやすかったですね。この感想スタイルは今後もやっていこう、タイムキーパーは田澤君のタブレット。

さて、レポートは以上になります、いかがだったでしょうか?今後も「介護にかかわる人のための演劇ワークショップ」は継続して行っていきます。ご興味ある方はお気軽にご参加ください。リピーターの方が多いのが特徴で、本当に参加してくださる皆様、ありがたい限りです。参加人数も徐々に増えてきていますのでもっと大勢の方が楽しんでくれる場になるよう、精進していきます。

そうそう!今回よっちゃんこと吉田みずほさんがアシスタントで参加してもらいました。いやあ、ナイスアシストありがたかった!さらに振り返りも参加していただきました。吉田さんは役者さんですので、ぜひ出演情報などもチェックしていただければと思います。

次回は9月15日(日)、13時~17時を予定しています。場所は下高井戸駅近く、松沢区民集会所の和室です。ご参加お待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

7月の介護にかかわる人のための演劇ワークショップ!

初夏の7月!ワークショップのお知らせです。

第4回 介護にかかわる人のための演劇ワークショップ

2019年7月14日(日) 13:30〜17:00
京王線下高井戸駅 徒歩五分 松沢区民集会所 3階 体育室
東京都世田谷区赤堤5-31-5 ​

演劇の手法をもとに、介護の本質を体験できるワークを行います。
気づきから毎日の介護がかわります。​

対象者:過去に介護をしたことがある方​
    現在介護にかかわっている方​
          介護に興味・関心がある方 ​
  ​
参加費:1000円(会場費・資料代) ​
参加申し込みメールアドレスinfo@tsuchidayu.com​
(お名前、ご連絡先をお願いします)​
参加申し込み締め切り日 7月7日​

==========================
「介護にかかわる人のための演劇ワークショップ」
介護職の土田悠と、演劇分野で活躍している田澤恭平との共同プロジェクト。​

「介護の本質を体験することで日常の介護が変わる。」​
ふれる、見守る、話す、、など、介護を構成する要素を体験するワークを行います。
演劇、とついてますが、お芝居的なことはほんの少し、体をほぐしたりゆるめたりしてコミュニケーションのゲームで楽しみましょう。演劇未経験でも参加OKです。ワークショップのあとに、何かちょっとした気づきが生まれて、今やっている、またはいつかやる介護が、すこし変わったらうれしいです。​

※申込日が過ぎていても、参加希望の際はお問い合わせください。​
ご参加お待ちしています。​
​​
土田悠

4月ワークショップ、レポートです!

2019年4月7日に開催しました、第三回介護にかかわる人のための演劇ワークショップのレポートです。遅くなりました、、、。

今回はワークショップの組み立てを、ある手法を使って行い、後半は実験的な内容になりました。

最初はウォーミングアップ。輪になって座り、一人ずつマッサージしたいところを言っていきます。一人が言った部分を、全員でやる、を順番に回していきます。ひと回ししたら、次は立ち上がってストレッチしたいところ、その次は出したい声、でやっていきました。緊張していたからだが、少しずつほぐれていきます。

 続いて、「ウォーキング」。自分の身体を感じてもらうワークが多めになりました。歩きながら部屋の中をじっくり観察したあとは、他の参加者さんに目を向けていきます。アイコンタクト、声に出しての挨拶、挨拶しながらのハイタッチ、手、肩、背中、爪、足の裏タッチをやりました。次に普通に歩き回りながら、畳から何かが生えてくるのを想像してもらい、それをジャンプして飛び越えてもらいます。まずはサボテン。ゲームのキャラクターになったかのよう。畳なので気を付けてくださいね。飛び越えたと思ったらトゲがささったりしますね。次はハードルのバー。会場が陸上競技場になります。次々出てくるイメージをして、ぴょんぴょんと連続で飛び越える方もいました。最後は、「ゆっくり」の練習をします。まずは普通のゆっくり歩き、そして、ありえないくらい遅く歩く。自分の身体の重さが感じられていきます。そして動くか動かないか分からない位のスピードの中、さらに「目を閉じてください」の指示!ゆっくりすぎて他の方とぶつかる心配がほとんどありません。視覚がない中、身体の感覚をより感じられたのではないでしょうか。最後は、ストップ。ただ止まるだけかと思いきや、いつまでストップするか分からない位長く止まります。ふと会場を見ると、何人もの大人が歩いている途中の姿勢で固まっています。面白い光景。部屋の無音状態。、、、私の合図で、ストップは解除されて、歩き回りは終了です。振り返りせず次へ行ってしまいましたが、感想をシェアすればよかったですね。意識はしていませんでしたが、この歩き回り、何となく若者が老いて死ぬイメージが重ねられそうです。 

 

続いて、共同主催者田澤くんコーナー。輪になって、最近言った場所を言うのを回していきます。なんとなく参加者さんの行動範囲が見えてきます。次に食べたもの。意外と昨日何食べたかって、とっさに思い出せないものですね。お年寄りが何食べたか思いだせないからって、何も言えないなと思いました。次に名前を呼んで、お互いの場所を交換。どんどんスピードが速くなっていきます。こういうワークは気が付くと夢中になっていきますね~。

 続いてはニョッキ!というゲームです。両手を合わせて上に伸ばして、1ニョッキ、2ニョッキ、、と、順番に言っていきます。簡単そう?いえいえ、それを誰がいうかは決めないで自由に言っていく、というルール。ニョッキ!を言うタイミングを見計らうんですね。もし、他の人と重なってしまったらやり直し、という緊張感のあるゲームなんです。ところが今回参加者さんは息ぴったり?スムーズに行きましたね。失敗少なく全員ニョッキ!を言えました。最大の7までいったら下がっていく、もやりました。0ニョッキ!までクリアできた時の達成感。


最後は「ねえねえ」。このワークショップでも定番のメニューです。誰か「ねえねえ」、全員「なあにー」→「○○しようよ!」全員「いいねえ~!」と返事をして、全員で○○の行動をします。筋トレしたり、赤ちゃんになったり、歌舞伎をしたり、、、色んな行動が出ましたね。最後は主催者側の考えていた終わりにならずに、ちょっと混乱させちゃいましたね。そうそう、レクの手遊びもやりました。後出しじゃんけん、両手ぐーちょきぱー、指折りなど。脳トレとして、最近テレビでもやっていますね。私は介護の職場でレクリエーションでやっているワークだったので馴染みがありました。その分、こういう簡単なワークでも深い感想がでるものだなと驚きがありました。振り返り大事ですね。


 休憩をはさんで「火曜日何やってるの」。まずは「今日は火曜日」から。一人が「今日は火曜日だよ」と言って、参加者さんが順番で返事をしていきます。否定したりネガティブに返さない、のがルール。「今日は火曜日だよ」→「ゴミの日だね」、「ヨガ行かなきゃ」などなど。そして、「ご飯まだ?」という介護施設の設定にスライドしてもう一回行いました。

続いて「何やっているの」。A「何やってるの?」→B「○○してるの」、Aは〇〇の行動をジェスチャーで表現します。それを輪になって繰り返します。掃除したり、料理したり。皆さん表現力がすばらしい。次に介護現場にスライドします。「こんにちは」「あら○○さん」、を繰り返していきます、そして全部を組み合わせます。参加者さんはお年寄り役と介護職役に分かれます。ここは介護施設で利用者さんを食堂まで連れていきたい、という設定です。利用者さんは認知症です。

介護職「こんにちは」

利用者「あら、○○さん」

介「(○○になりきって)元気?今何してるの」

利「今△△してるの」

介「そうなんだ!、、、ところで、そろそろお昼だから食堂にいかない?」

利「いやよ、△△で忙しいんだから」

という感じで会話していきます。制限時間内に、食堂にお連れすることができるか?目的達成できなくても、利用者さんの世界を受け入れて会話しましょう、できてもできなくてもOK、というゆるいルールです。やはりこれは難しいですね。自分達で考えたのに、あんまり上手にできない主催者です(笑)


 

 

 

 


 

 

 

 

あの頃は。新しいワークです。参加者さんは、100歳です。身体も健康、頭もしっかりしているという設定です。皆さんに会場の端から端を歩きながら、0歳から100歳の道のりを思い出してもらいます。(自分の年齢以上の時は想像してもらいます)。自分の過去(もしくは未来)をじっくり味わってもらった後は、アンケートを書いてもらいます。アンケートの内容はこちら。

「あなたは今、100歳です。自分の記憶を振りかえってください。

1、健康の秘訣はなんですか

2、生まれてから一番古い記憶は何ですか

3、2019年(令和元年)の頃は何をしていましたか

4、あなたの理想の死に方はなんですか」

という内容でした。

これを、インタビュアーがインタビューするという設定の台本を使って、ステージ上で二人ペアで発表します。
100歳の自分となって、インタビューに答えます。一番古い記憶、がなんだかそれぞれリアリティーがあって、とても感じるものがありました。何気ない、ささいな風景であっても、それを思い出しながら話す人を見るのはとても面白いですね。自分の記憶を話すのって、なんだかおもしろいし、ここに何かヒン

トがありそうです。

そもそも一番古い記憶って、ふだん思いださないことだから脳には何かしら刺激になっているんでしょうね。100歳の自分になって理想の死に方を語る、というパートではイメージを膨らませて語っていただきました。100歳の気持ちを体験してみることで、介護とか、人生と
か、あるいは今の自分とかに新しい視点が生まれたかもしれません。

 

最後は振り返り。自分のことや家族のことを振り返る方がいたり、こういうところが普通の演劇ワークショップと違うところですね。感想を聞きながら、私も自分のことを振り返っていました。ある講座で学んだことですが、認知症ケアの大事なポイントは、自分がどう身体を使っているか、どう生活してるか、何をしてると楽しいか知る、ということだそうです。まずは自分のことを知ることから、すべてが始まるということ。これは俳優も一緒ですね。

 

今回は初の試みを入れて、やってみました。感想も様々いただいてやって良かったです。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。次回は少し時間が空きますが、7月を予定しています。まだ参加したことないけど気になっている方、お申込みお待ちしています。日程決まりましたらまたブログでお知らせしますね。それではまた。

 

4月の介護にかかわる人のための演劇ワークショップ!

少しずつ暖かくなってきましたね。4月のワークショップのお知らせです。

第3回 介護にかかわる人のための演劇ワークショップ

2019年4月7日(日) 18:00〜21:30
京王線下高井戸駅 徒歩五分 松沢区民集会所 和室
東京都世田谷区赤堤5-31-5 ​

演劇の手法をもとに、介護の本質を体験できるワークを行います。
気づきから毎日の介護がかわります。​

対象者:過去に介護をしたことがある方​
    現在介護にかかわっている方​
          介護に興味・関心がある方 ​
  ​
参加費:1000円(会場費・資料代) ​
参加申し込みメールアドレスinfo@tsuchidayu.com​
(お名前、ご連絡先をお願いします)​
参加申し込み締め切り日 4月3日​

==========================
「介護にかかわる人のための演劇ワークショップ」
介護職の土田悠と、演劇分野で活躍している田澤恭平との共同プロジェクト。​

「介護の本質を体験することで日常の介護が変わる。」​
ふれる、見守る、話す、、など、介護を構成する要素を体験するワークを行います。
演劇、とついてますが、お芝居的なことはほんの少し、体をほぐしたりゆるめたりしてコミュニケーションのゲームで楽しみましょう。演劇未経験でも参加OKです。ワークショップのあとに、何かちょっとした気づきが生まれて、今やっている、またはいつかやる介護が、すこし変わったらうれしいです。​

※申込日が過ぎていても、参加希望の際はお問い合わせください。​
ご参加お待ちしています。​
​​
土田悠

介護にかかわる人のための演劇ワークショップ第2回 レポートです!

 

2019年も2月になりました、だゆうこと土田です。

認知症講座の最中

最近は私、37歳にして初めて虫歯になりまして、歯医者通いが始まりました。歯磨きはやっぱり大事だな、、、と実感している日々です。当日も歯が欠けながらワークショップやっていたのでした、、、虫歯って怖いですね。皆さんもお気をつけください。

 

さて、第二回介護にかかわる人のための演劇ワークショップ、レポートです。このレポートは、当日参加者の皆さん、当日参加できなかったけどどんなことやるの?と興味を持ってくれている皆さんに向けて書いています。ワークショップこんなことやったよ、という内容、我々のどんな考えがそのワークに含まれているのか、その他ワークショップから生まれた考察などを書いていきたいと思います。

  さて、当日午前から集まっての共同主催者田澤さんとの打ち合わせ。

おやつコーナーにて

喫茶店で、こんなワークやりたいんだよね、と私が話すと、うーんと考えたかと思うとあれは?これは?と指摘をもらい、みるみるうちに一つ新作ワークが出来上がりました。後述しますがキラーコンテンツになりそうな予感。今回の参加者さんは4名。演劇関係の方が多かったです。リピーターの方1名、初参加3名でした、ありがたいことです。介護関係・育児関係の方、ご参加お待ちしています。

 それでは、ワークの内容に入っていきます。会場は我らがホームタウン(!?)、松原区民集会所の和室。畳で落ち着いた雰囲気、緊張感が和らぎます。最初のご挨拶を終えて、まずは「歩き回る」です。自由に部屋を歩き回り、会場に体をなじませます。
ストップして目を閉じてもらい、指定のものが部屋のどこにあるか、を指さしてもらいます。細かな観察が大事ですね。姿勢を良くする歩き方もやりましたね。歩きながら、舌の先を上アゴにつけて、あごを少し引きます。これだけで姿勢が良くなるから不思議。手の角度を変えるのもやりましたが、私の見本を見せれば良かったですね。次に歩き回りながらのアイコンタクト、挨拶を言いながらのハイタッチ、肩と肩、背中と背中、膝と膝の挨拶。今回さらに、指と指、爪と爪をやりました。指の時、E.T.やればよかったな。爪と爪は意外と体の動きが面白かったです。ミニマムな方のコントロールが難しかったりしますね。

 最後はスピード合わせ。通常の歩きを5段階中の3として、声に出された数字に合わせてスピードを調整します。5が最速、1が最低。とっさにスピードが変わるので、一瞬でテンポを変えるのが難しい。最後は0.5から、0.00001をやりました。想像もつかないような遅い動き。これを身体で体験していただきました。後日、職場で介護中にこのワークが役立ちました。お部屋まで行きたいのに、周りが気になったりして中々進んで下さらない入居者さん。つい、あせって急がせてしまうのですが、そこでこのワークを思い出して、とんでもなく遅いペースにギアチェンジしてみたんですね。動きも、しゃべり方もゆっくり。そうすると、自分のあせりがふっと消えて、落ち着いて声掛けすることができました。介助が終わった後、片付けなど業務に戻ったらギアを5にしてスピードアップ!このスピード合わせワーク、ケアに関わる方にいいかもしれません。それにしても自分のワークショップで仕事の気づきを得るなんて、なんと役得なのでしょうか。

 

休憩中に何故か始まったストレッチタイム

ジャンプの瞬間!

 歩き回るが終わったあとは、「氷をとかす」。共同主催者、田澤さんタイムです。最初は円になって拍手。全員で息を揃えてやりました。拍手+ジャンプと難易度が上がっていきます。拍手が一発でそろうと気持ちいい。その次は、前回もやって評判の良かった「ミャンマー」というワークです。

 全員で円になって、順番に「ミャンマー」と口に出すだけ。順に数を増やしていきます。最初の人がミャンマーと言ったら、次の人がミャンマー、ミャンマーと2回、さらに次の人は3回、、、という風に。魔法の言葉、ミャンマーは気合を入れれば入れるほど失敗してしまいます。この、緊張感。

失敗しちゃった!

 今回は、失敗したら「失敗しちゃった!」とポーズをとる、それと並びをシャッフルして、「テヘペロ」ポーズ(ペコちゃんみたいにウインクして舌を出すポーズ)をとる、の2パターンをやりました。このワーク、失敗することは目的でないと思います。それよりも、失敗をおそれず「チャレンジ」する。成功したらうれしい。でも、間違える時はある。その時に(ああ、だめだあ)と落ち込むのではなく、(失敗しちゃった、えへっ!)と皆で前向きに受け入れていくということ。が大事なのかもしれないですね。ワーク自体はシンプルながらも盛り上がり、笑いも生まれていましたね。

 「氷をとかす」の最後は、「これは何ですか」。部屋中に小物を置き、二人ペアになって、部屋を歩き回りながら「これはなんですか」と聞きあいます。相手は「これは○○です」と答え、「これは○○なんですね」と返事するだけのゲーム。最初に、これ面白いのかな?!と思わず思ってしまいましたが、参加者さんから、「自分の子どもの部分に立ち返ることができた」、といった内容の感想をもらいました。自分が言ったことに、そのまま認めてもらう=承認してもらう感覚をこのワークで体験されたのかもしれません。次に、これは○○な○○です、と形容詞をつけていいます。(例:赤い鉛筆です)最後には発展形として○○の内容を自由に変えて言う、をやりました。普通の鉛筆を指さして「これは、丸い、くじらです」。想像力を豊かにいきましょう。さらに、「これはアーな、ウーです」みたいに意味のない音にしてもかまいません。やっていくうちに参加者さんの発想力が少しずつ開放されていきます。思わず笑ってしまう回答もあり。私は、このワークの様子を見て、介護現場で見覚えのある光景だ!と一人興奮しておりました。介護現場では、認知症のお年寄りが目の前の物を、事実と違う物に認識して発言することは良くあるのです。「あそこに男の人がいるわ」とか、「これは○×▽(単語にならない発声)なのよ」など、、、。慣れていないスタッフさんだと、思わず発言を否定したり、自分達の都合の良いように誘導したりしてしまいがちです。そうではなくて、「ああ、男の人がいるんですね」「○×▽なんですね」と、まず、受け入れてあげることが大事なんだ、ということを再認識できました。

後日、職場で使ってみたのですが、一番発見があったのが、お年寄りに対してではなく、スタッフさんに対してでした。職場にてスタッフ同士の会話中など、つい否定したり指示したりしてしまっていたんです。反省。これは介護現場だけでなく、どこの職場、家庭でもそうかもしれませんね。日常生活にも役立つワークでした。

 予定を少し変更して、「YESNOゲーム」。質問に対してYESNOの位置に並びます。お酒が好き?介護の経験はある?など、参加者さんの人となりや経歴がうっすらと分かってきます。次は「並びかえゲーム」。言葉を使わず、お題にそって一列に並びます。びっくりしたのは指の温度順。最初の人からすごく暖かい!これ以上暖かいなんて、、と思いましたがちゃんと順番通り暖かくて冷え性の私は驚きました。かなり指温度の高い人揃いでしたね。並び替えの最後のテーマは出身地。北から南の順に並びました。中央にできた東京(世田谷区、杉並区、北区)の皆さんが正確な位置関係でならんでいて面白かったですね。足の大きさもやりました。

だゆうの認知症講座でカンタンに認知症の定義を説明したあと、生活の台本に入ります。これは前回、前々回もやりましたが、今回はお題を参加者さんに上げてもらいました。「パジャマを着る」「掃除機をかける」「ご飯を炊く」など出ましたが、その中から今回は歯磨き、をやりました。私が歯磨き大事と身に染みていた時期だったので、このテーマを無意識に選んだんでしょうか。でも歯磨きってとってもいいお題でした。誰もがやるし、プライベート度が高いので、人によっての違いも様々です。


ワーク自体の説明をします。5分時間をとって、歯磨きの行為を分解して紙に書いてもらいます。皆さん頑張って書いて下さっていました、30項目近く書いた方もいましたね。これが世界に一つだけのオリジナル台本です。それをペアになって自分の書いたものを読み上げます。ペアの相手はそれに合わせて、隣で身体を使って演じていきます。

 歯磨きだからたいした動きをしないのですが、これが面白かったです。皆さんかなり笑ってましたね。まず歯を磨いて、フロスをして、うがいも水なのか、洗浄剤なのか?こだわりなんて大それたことじゃないんでしょうが、生活の習慣ってこんなにも違うものなのですね。そうそう、歯磨きにたどり着くまでの内面だけで終わった方もいました。認識して、考えるだけでも何個も項目ができるものですね、哲学的。それとは逆で、ひたすら具体的に磨く行動を描写するのも哲学的ですよ、歯磨きとは何なのか、、、を考えさせられました。磨き方も縦みがきする方もいました、奥が深い。介護現場で口腔ケアする時に、右か左、どちらから磨きますか?って聞いた方がいいかもしれませんね。意思を伝えられないような重度の入居者さんは、こっち側から磨いてほしいのに!って思っているかもしれません。生活のことを考えるのって、細かくて深くて、面白いなあ。

  さて、お次は新作、「今日は火曜日/何してんの(仮)」です。これは二つのワークから成り立っています。まずは、「今日は火曜日」から。リーダー役が、「今日は火曜日だよ」というのに参加者さんが一言答える、それを順繰りに回していきます。答える内容は、火曜日だ、を受けてそれに乗っかる回答です。例えば「大変だ、ごみの日だ!」とか「今日はお休みだ!」とかなんでも良いのです。ただし、「そんなわけないじゃない」とか「何言ってんだ」などと、全否定するのはなし、というルール。

これは演劇ワークショップの精神、「YES、AND」(まずは受け入れて、それを前に進める)を体現するワークです。今回は私が火曜日だよ、という役をやりましたが、これは交代制でやっても良かったですね。皆さんのはっとするお答えに、思わずニヤリとしてしまう。次に発展形の介護バージョン。認知症の方の基本的な症状として、何度も話を繰り返すという症状が特徴的です(全員というわけではありません)。介護現場でよくある状況として、お食事後にも「ご飯まだなの」とおっしゃることがあります。これを「YES、AND」で返答してもらいました。「ご飯まだなの?」に対して「むこうで作っているみたいよ」「これ食べて待っててね」「何、食べたい?」「お腹、すいたね?」などなど。介護職の私も唸ってしまう参考になる回答がたくさん出ました。実際においても「さっき食べたでしょ!」と否定するのではなく、その方の気持ちを受け入れて、このワークのように対応できると良いですね。次の「何してんの」は、演劇ワークショップでも割りとよく登場するワークです。一人が何かのジェスチャーをしています。次に並んでいる人が「何してんの」と聞きます。聞かれた方は、今やっているジェスチャーと違うことを言います。聞いた方はそのジェスチャーをします。例えば、Aが掃除のジェスチャーをしています、Bが「何してるの」と聞いて、A「バスケットボールしてるの」と答えたら、Bはバスケットボールの動きを演じます。次のC「何してるの」B「洗濯してるの」、Cは洗濯のジェスチャーをする、これを順番に回していきます。思わぬ言葉にとっさに動けず戸惑ったりしますし、自分の動きと違うこというのって結構難しいんですよね。

これもさらに介護バージョンに発展させます。「あら○○さん」と呼び掛けられるのを、否定せず受け入れた一言を返事します。○○は、固有名詞でも、職業でも、有名人の名前でも何でもありです。例えば、「あら時計屋さん」には「いつもお世話になっています」、「あらお母さん」には「ただいま、もうご飯食べた?」と呼び名に合わせた返答をします。一言ならず会話が発展するペアもありましたね。これは、認知症の方が相手を自分の記憶の中の誰かと思い込んで呼び掛ける状況を想定しています。


そして最後の発展形では、今までを組み合わせたお題です。介護現場の設定で、入居者さん役、と介護者さん役になります。まず、介護職が「こんにちは」、入居者は「あら○○さん」と自由に呼びかけます。それを受け入れる返答をしながら、介護者「今何してるんですか?」、入居者「○○してるのよ」と答えます。「○○してるんですね」と受け入れて会話していきます。そして、この介護職は入居者さんをお昼ご飯の食堂まで連れていきたいという目的があるという設定です。会話をしながら、うまくかみ合って連れていければOK,でも連れていけなくても会話が盛り上がってもOK、というゆるい縛りにしました。何がなんでも、だと強引な選択肢も出てきてしまいますからね。

今回は、制限時間は2分でやってみました。、、、これが盛り上がりましたね!介護職はお昼ご飯連れていきたいけど、「犬の世話をしないといけない」、「パスタを作って食べなきゃいけない」、など大事な用事をしている人をどうその気にさせるか?短い時間でしたが、それぞれのペアでドラマが生まれていましたね。この課題を上手にクリアするのはかなり難関です。ちなみに、私は介護者役をやった時に、見事に敗北。食堂に連れて行けず、犬のお散歩することになりました。
でも、たとえうまくいかなくても、入居者役に振り回されて右往左往する方がウケて盛り上がります。それはそれで良し、なんですね。目的と衝突という演劇のドラマ構造がここに含まれている気がします。このワークは我々の、目玉のワークになりそうな予感。次回以降もやって、育てていこうと思います。

 最後は前回もやりました、「人生のアンケート」です。アンケートをもとに、お芝居の一シーンを作っていきます。内容は、輝いていた時代はいつか、何をしていたか、誰と一緒にいたか、というもの。将来自分が認知症になった時に、いつの時代に戻るのか、誰のことを呼びかけるのか、を想像してもらいます。演劇関係の参加者さん二人が同じ回答になっていたのが面白かったですね。役者は好きなことが「芝居の稽古」。それが趣味であり、人生の大事な時間でもあるんですね。今回はただアンケート取るだけでなく、ペアでインタビュー形式で聞きあってもらいました。その分、深い内容のアンケートになったように感じます。これ、お互い聞き書きみたいな感じでできたらいいかもしれませんね。

インタビュー中

各ペアとも役割を変えて、介護施設の設定で、台本を持ちながら入居者役、面会者役を演じてもらいました。このワークはアンケートをもとに作っているので参加者さん本人が垣間見える気がします。前回もそうでしたが、見ながらぐっと来てしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後は輪になって感想タイム。概ね好意的なご感想をいただき、ほっとしました。色んな気づきを共有させてもらい、主催の私も気づきをたくさん得ました。ありがとうございます。最近ご家族を見送った参加者さんから、急変する時期にご家族の入居施設に泊まることで、ぐっと介護職と身近になったという話をしていました。その経験で、たくさん話す機会もできて良くわかったけれど、それまで週一回の面会だけでは全然分からなかったとのこと。そうか、最期の大変な時期に分かっても遅いよなと思います。介護施設でご家族にお泊り会を企画して、来てもらえばいいのじゃないかな。

 終わった後は近所の居酒屋「たつみ」にて、有志で打ち上げ会でした。介護職の方と演劇関係の方が語りあっているのを見て、この飲み会は普段出会わない人達が出合い何かが生まれるプラットフォームになればいいなと夢想してしました。もちろん楽しく飲んで盛り上げるだけでも充分なんですけどね。そうそう、おススメの飲食店紹介を一分回しでやりましたね。これは面白いのでまたやりましょう。飲み会の一部をワークショップ化。

今回上がったのは、、下高井戸「ちゃぶだい」のハンバーグ、松陰神社前「おがわ屋」のおでん生食、千歳船橋「よつ葉」の汁なし担々麵、「ヴィレッジヴァンガード ダイナー」のハンバーガー。でした。

 さて、次回は4月頃にやれるかな?また、日程決まりましたらこのブログでもお知らせしますね。たくさんのご参加、お待ちしてます!

 

例えば

飲み会などで、それぞれの職場の話になって、愚痴大会になることがある。なんか出口がない感じがしてしまって、テンションが低くなる。

こういう時に、明るい方向にもっていこうという気持ちが働くのだがなかなかうまくいかない。だって皆はそういう愚痴の話をしたいから。

ある研修会に参加していて、その参加メンバーと飲んでいる時はそういう愚痴の方向にならないのが不思議。アイデアが出たり、情報交換になったりする。皆、専門性を持っていて、僕がすごいと思っている方々。

どういう集まりの中に自分がいたいのか、にもよるのかもしれない。どの飲み会に参加するのか、から始まっている。

介護にかかわる人のための演劇ワークショップ第二回

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

さて、本年一発目のワークショップのお知らせです。

==========================

2019年2月2日(土) 13:00〜17:00
京王線下高井戸駅 徒歩五分 松沢区民集会所 和室
東京都世田谷区赤堤5-31-5 ​

演劇の手法をもとに、介護の本質を体験できるワークを行います。
気づきから毎日の介護がかわります。​

対象者:過去に介護をしたことがある方​
現在介護にかかわっている方​
介護に興味・関心がある方 ​

参加費:1000円(会場費・資料代) ​
参加申し込みメールアドレスinfo@tsuchidayu.com​
(お名前、ご連絡先をお願いします)​
参加申し込み締め切り日 1月25日​

==========================
「介護にかかわる人のための演劇ワークショップ」
介護職の土田悠と、演劇分野で活躍している田澤恭平との共同プロジェクト。​
「介護の本質を体験することで日常の介護が変わる。」​
ふれる、見守る、話すなど、介護を構成する要素を体験するワークを行います。
演劇、とついてますが、お芝居的なことはほんの少し、体をほぐしたりゆるめたりしてコミュニケーションのゲームで楽しみましょう。演劇未経験でも参加OKです。ワークショップのあとに、何かちょっとした気づきが生まれて、今やっている、またはいつかやる介護が、すこし変わったらうれしいです。​

※申込日が過ぎていても、参加希望の際はお問い合わせください。​
ご参加お待ちしています。​
​​
土田悠